古本買取 2手舎/二手舎 nitesha 写真集 アートブック 美術書 建築
ご注文方法 | How to Order
お支払い方法について
配送方法・送料について


TOP > 角頭音楽 TCM/Taiwan Color's Music
角頭音楽 TCM

<角頭音楽 / Taiwan Color's Musicとは>

『角頭音楽』シリーズは1998年9月に張四十三によって設立された台湾のインディペンデントな音楽レーベル。会社は台北の士林にある。レーベル名の「角頭」とは中国語(台湾語)でヤクザを意味する。それは彼の出身地が"雲林"という不良たちの出身地が多く輩出された地域であったということ、そして子供時代から張氏にとってヤクザの闇社会がとてもミステリアスで魅力的な存在であったことから『角頭音楽』と名付けられた。

『角頭音楽』の製作方針は一般的な流行歌を扱う音楽レーベルとかなり違っている。『角頭音楽』は社会主義的な考え方を理想としている。それは、

会社の内部に階級を作らない事。
ミュージシャンに所属、契約など長期間の制約を与えない事など、



『角頭音楽』はいつもミュージシャンに敬意を表し、彼らに最良の創作スペースを与えることを信条としている。さらに写真撮影やジャケットデザインなど、アルバムを作るその一つ一つの工程に対しても、自由な権限をデザイナーを含める製作者たちに与えている。(角頭音楽はまるで1950年代のBLUENOTEのようである。)『角頭音楽』のミュージシャンたちは一般的なメジャーレーベルのように、スーパースターのような華やかな人達はいない。そのほとんどは台湾本土のインディペンデントなミュージシャンや原住民たちである。それゆえに彼らの存在、音楽には純粋で豊潤な生命力が溢れている。

近年、『角頭音楽』は積極的に台湾各地に「海洋音樂祭」「亞細亞部落民謠節」「女搖滾」といった大規模な音楽祭を自ら企画・主催するなど、インディペンデントなレーベルとして台湾音楽に新しい血を注入し続けている。全ては台湾独自の音楽の持つ豊かさをもっと世界中の人々に聞いて欲しいという信念を持っているからである。

『角頭音楽』の特徴は、台湾独自の音楽を収録しているだけではない。レコードジャケットのような紙ジャケットというインパクトのある大きさ(大きさはLP盤のジャケットよりもやや小さく、EP盤よりやや大きい)に、写真や文章をふんだんに取り入れたブックレットは、それだけで作品と呼べるような内容である。これらのほとんどのデザインは台湾を代表するデザイナー・蕭青陽(Xiao Qing-Yang)が手がけており、毎号異なったデザインで楽しませてくれる。『角頭音楽』は、ネット配信やダウンロードが主流となった現在の音楽シーンにおいてもなおコレクター心をくすぐる"物としての魅力"を持っている。



▶ 角頭音楽 TCM/Taiwan Color's Music
[ 並び順を変更 ] - おすすめ順 - 価格順 - 新着順
全 [27] 商品中 [1-27] 商品を表示しています









全 [27] 商品中 [1-27] 商品を表示しています


facebookページ twitterページ tumblrページ instagramページ メールフォームページ

カテゴリー/CATEGORY
▶︎写真集 PHOTOGRAPHY
▶︎ヴィンテージ Vintage & Rare Books
▶︎美術 ART
▶︎デザイン DESIGN
▶︎建築 ARCHITECTURE
▶︎ファッション FASHION
▶︎音楽 MUSIC
▶︎映画 MOVIE
▶︎文学 LITERATURE
▶︎哲学 PHILOSOPHY
▶︎精神世界 SPIRITUAL
▶︎人類学 ANTHROPOLOGY
▶︎レトロ RETRO
▶︎ノンジャンル NON GENRE
▶︎グッズ GOODS



カートの中を見る

二手舎買取り案内
特集 Feature 写真の鉛筆







|メールマガジン
メルマガ登録・解除はこちら