写真集 長崎の証言 日本リアリズム写真集団長崎支部 THE TESTIMONY OF NAGASAKI

  • Overseas shipping available. If you would like to order the book please contact us directly by email or via online inquiry form.
  • 我們提供海外郵寄服務。若您欲購書請直接來信或填寫線上表單
  • > HOW TO ORDER
土門拳の『ヒロシマ』(研光社, 1958)、原水爆禁止日本協議会刊の『Hiroshima-Nagasaki Document 1961』、東松照明の『11時02分 NAGASAKI』(写研, 1968)、森下一徹の『被爆者』(森下一徹写真事務所 1978, 1981)など、原爆被爆者の姿を撮影した写真集はこれまでいくつか出版されているが、本書はあの土門が関わっていた日本写真リアリズム写真集団(JRP)の長崎支部によって撮影されたもの。撮影メンバーは大串嗜乗、黒崎晴生、柴原勝彦、鳥越泰山、原賀欣一郎、渕上剛幸、松尾弘、松田宏、村里栄の地元カメラマン9名による。本書に収録された90枚の写真のほとんどは1970年の1ヶ月間に撮影されたもので、最終的には撮影者も依頼者(長崎原爆被災者協議会)も満足のいく内容だったと記録されている。

撮影および編集:日本リアリズム写真集団長崎支部
発行者:長崎原爆被災者協議会

出版社 publisher:あゆみ出版社/Ayumi Shuppansha
刊行年 year:1970
ページ数 pages:
サイズ size:H258×W183mm
フォーマット format:ソフトカバー/softcover
言語 language:和文/部分的に英文/-Japanese/English in some parts
付属品 attachment:カバー/dust jacket.
状態 condition:経年並みです。/good.