歴史と記憶 ジャック・ル・ゴフ 立川孝一 訳 叢書ウニベルシタス 644

  • Overseas shipping available. If you would like to order the book please contact us directly by email or via online inquiry form.
  • 我們提供海外郵寄服務。若您欲購書請直接來信或填寫線上表單
  • > HOW TO ORDER
人はなぜ、どのように歴史を意識するようになったのか。<記憶>と<歴史>を明確に区別、あるいは<過去/現在>、<古代/近代>という対立概念の相互関係の考察を通して展開するブローデルの後継ル・ゴフの新歴史方法論。(帯文より)

目次
フランス語版への序文(一九八八年)
イタリア語版への序文(一九八六年)
第一章 過去/現在
 第一節 心理学における過去/現在の対立
 第二節 言語学が照らしだす過去/現在
 第三節 「野生の思考」における過去/現在
 第四節 歴史意識における過去/現在についての一般的考察
 第五節 古代ギリシアから十九世紀に至るヨーロッパ思想における過去/現在関係の変遷
 第六節 過去の強迫観念、現在史、未来の魅力の間に挟まれた二〇世紀
第二章 古代/近代
 第一節 西洋的で曖昧な対概念
 第二節 この対概念における主役は近代である
 第三節 古代の曖昧さーギリシア・ローマ的古代と他の古代
 第四節 近代とそのライバルたちー<新しさ>と<進歩>
 第五節 <古代/近代>と歴史ー前産業期のヨーロッパにおける古代人と近代人の論争(六~十八世紀)
 第六節 <古代/近代>と歴史ー近代主義、近代化、近代性(十九~二〇世紀)
 第七節 近代主義「近代性」の意味を明らかにする諸領域
 第八節 近代主義「近代性」の自覚の歴史的諸条件
 第九節 近代的なるものの曖昧さ
第三章 記憶
 第一節 民族的記憶
 第二節 口承から文字への記憶の発展ー先史時代から古代へ
 第三節 西洋中世における記憶
 第四節 文字と図像による記憶の進歩ールネサンスから現代まで
 第五節 現代における記憶の大変動
 結論 拠り所としての記憶
第四章 歴史
 第一節 歴史のパラドクスと曖昧さ
 第二節 歴史心性ー人間と過去
 第三節 歴史哲学
 第四節 科学としての歴史ー歴史家という職業
 第五節 歴史学の現在
訳者あとがき
参考文献
原註

出版社 publisher:法政大学出版局
刊行年 year:1999
ページ数 pages:394
サイズ size:B6
フォーマット format:ハードカバー/hardcover
言語 language:和文/Japanese
付属品 attachment:カバー、帯
状態 condition:特に問題なく良好です。