NITESHA KYOTO Autumn / Winter 2021 "OBLIVION" by Shunichi Oda



JP/EN



OBLIVION

失われた30年。

私が生まれた 1990 年から現在まで
経済成⻑を謳歌した先人たちはそう呼んでいる。

振り返ってみると、時代に導かれるような必然的な成⻑や
明るい未来が来るという根拠のない確信を私たちは知らない。

社会を覆う停滞感が失望へと変わり
未来は遒ど曚琶い錣譴討靴泙辰燭茲Δ澄

日本に住む人々が劣化してしまった。
そう、心ないことを口にする知識人も多い。

本当にそうなのだろうか?
私はそうは思わない。

戦争や自然災害から協調と共助を持って
立ち上がってきたのは、他ならぬ我々だ。

太古から豊かな自然の恵みに育まれてきた日本の人々。
連綿と続いてきた自然との共生は、我々に調和の心をもたらした。

不確実な未来を嘆くのではなく、

自らを形作ってきた過去に目を向けるべきなのかもしれない。

無慈悲な時の風化は、容易に自己すら見失わせる。
だからこそ、忘却の彼方に知るべき答えがあると思う。



小田駿一

1990年生まれ。2012年に渡英し独学で写真を学ぶ。2017年独立。2019年にsymphonic所属。
人物を中心に、雑誌・広告と幅広く撮影。アートワークとしては、2020年に緊急事態宣言下、
東京の夜の街を撮影した写真集『Night Order』を発表。2021年には、「Gallery of Taboo
を主催し、新作の「OTONA性 - 百面相化する自己意識の果てに」を発表。社会との繋がりの中
から着想を得て、人の心と行動を動かす「Socio-Photography」を志向する。       

WEB : https://www.shunichi-oda.com/
Instagram : @odaoda_photo






二手舎京都2021年秋冬「小田駿一: OBLIVION」
会期|2021年9月3日(金)-11月22日(月)



入場料|無料
営業時間|13:00-18:00
作家在廊日|9/3-9/5 9/17-9/19 10/15-10/17 11/20-11/22 は予約不要。
上記以外の期間は、日・月のみ営業・要予約。

ご予約はこちら|https://nitesha.youcanbook.me/
ご予約について |+81(0)3-6411-0248|info@nitesha.com

会場|二手舎京都 |602-0019 京都府京都市上京区下木下町144-4








 
ー Exhibition Items ー


▼ New Arrivals  |  Oldest

  • <
  • 1
  • >

10商品中 1〜10商品