台湾絵葉書展 台日旅情 TAI-NICHI sentimental journey

NITESHA KYOTOは日本統治時代の台湾絵葉書展「台日旅情 TAI-NICHI sentimental journey」を開催します。1900年の私製絵葉書の認可、そして1906年の日露戦争の勝利によって日本では全国各地で絵葉書ブームが起き、日本統治時代(1895年〜1945年)の台湾絵葉書も徐々に人気が出始めました。その後1920年には台湾の行政区分を新たに制定、台湾各地のインフラが整備されたことで、各都市に立地する名所風景などがよく絵葉書の主題として特集されました。そこには現在の台湾には存在しない名所や建物も含まれています。日本統治時代の絵葉書には、当時の地方都市の様子、原住民の生活や風習、産業、風物、プロパガンダなどを知ることができるため、現在では台湾を研究するための貴重な文献として高く評価されています。また印刷技術においても、凸版印刷、コロタイプ、手彩色といった精巧で美しいバリエーションに富んでいることもこの時代の絵葉書の魅力でもあります。本展では1930年代前後に発行された台湾絵葉書のヴィンテージを中心にご紹介いたします。「かつて存在していたが、今はない」幻となった台日への空想の旅を皆様にご提案いたします。



開催中|CURRENT EXHIBITION
Winter - Spring 2021 台湾絵葉書展「台日旅情 TAI-NICHI sentimental journey」



営業時間:日・月 11:00-19:00 *完全予約制
入場料:お一人様1000円(2時間制/店内でご購入時には全額キャッシュバック)
ご予約はこちら|https://nitesha.youcanbook.me/

オープンデイ(入場無料・予約不要):毎月20日
営業時間:13:00-18:00

OPEN HOURS:
11:00 - 19:00 on Sun. & Mon. By appointment.
Entrance fee at JPY1000 per person for 2-hrs.
Cash back if the customer makes a purchase.

On the 20th of each month is OPEN DAY.
13:00-18:00| Free entrance, no reservation required.

Make an appointment| https://nitesha.youcanbook.me/

会場:NITESHA KYOTO
602-0019 京都府京都市上京区下木下町144-4
144-4, Shimokinoshitacho Kamigyo-ku, Kyoto-shi, Kyoto 602-0019 JAPAN  
 




 
ー Exhibition Items ー


▼ New Arrivals  |  Oldest

83商品中 1〜24商品