HAVANA 1933 Walker Evans ウォーカー・エヴァンス 写真集

アメリカ合衆国の写真家ウォーカー・エバンス(1903-1975)がカールトン・ビールス(Carleton Beals 1893-1979)著『キューバの犯罪(The Crime of Cuba)』の挿絵のためにキューバ・ハバナを訪れたのが1933年5月から6月にかけて。滞在期間は3週間。途中アーネスト・ヘミングウェイ(Ernest Hemingway 1899-1961)とも会い、エバンスに金を貸してやるほど親しくなったという。本書では『キューバの犯罪』に使われた31枚の写真に未発表の写真を加えて再構成されている。長い間国交断絶中だったキューバとアメリカとの関係が2015年に解消されたこともあり、改めてこの本をまた違った意味で読み直す良い機会となるかもしれない。

エッセイ:ジル・モラ(Gilles Mora)
レイアウト:John T. Hill
デザイン:Carla Miller, John T. Hill

出版社 publisher:Thames and Hudson
刊行年 year:1989 First British edition
ページ数 pages:111
サイズ size:H287×W220mm
フォーマット format:ハードカバー/hardcover
言語 language:英文/English
付属品 attachment:カバー/dust jacket.
状態 condition:カバー傷み。綴じ少緩み/slightly damaged on the dust jacket and loose binding.
Overseas shipping available. If you would like to order the book please contact us directly by email or via online inquiry form.
我們提供海外郵寄服務。若您欲購書請直接來信或填寫線上表單