活字文明開化 本木昌造が築いた近代 The Dawn of Japanese Movable Type: Shozo MOTOGI's Modern World

江戸時代後期の異国情緒あふれる長崎に生まれ、通詞(通訳)でありながら民間活版印刷の祖でもある本木昌造を取りあげた展覧会に合わせて製作されたカタログ。2003年印刷博物館で開催。

目次
開催にあたって
序 活版印刷が開いた近代 鈴木淳
第一部 長崎からの維新、そして開化
 本木昌造と近代 早川浩
 本木昌造を生み出した長崎通詞の世界 杉本つとむ
 長崎から始まった文明開化 鈴木淳
 [コラム]日本の近代化を支えた外国人 .櫂鵐據´▲侫襯戰奪 カッテンディーケ ぅ悒椒鵝/本つとむ
 漢字活字から読む西洋 鈴木広光
第二部 西洋式活版印刷術
 日本における近代活版印刷術の意図とそれを可能にした蝋型電胎法のもつ意義 早川浩
 諏訪神社収蔵種字による活字母型製作の技術再現プロジェクト 小塚昌彦
 印刷業のはじまり 山本隆太郎
 幕末維新に生まれた和文金属活字 河野通
第三部 情報が新しい社会をつくる
 本木昌造の世界史 樺山紘一
 活字と声の十字路としての「新聞」 吉美俊哉
 近代行政文書の成立と活版印刷技術 府県をめぐる情報環境の革新 太田富康
 近代読者とタイポグラフィの萌芽 矢作勝美
関連年表
展示資料一覧
要約論文英訳

デザイン:トッパンアイデアセンター

出版社 publisher:印刷博物館/Printing Museum, Tokyo
刊行年 year:2003
ページ数 pages:225
サイズ size:H256×W182mm
フォーマット format:ソフトカバー/softcover
言語 language:和文/部分的に英文-Japanese/English in some parts
付属品 attachment:カバー/dust jacket.
状態 condition:経年並みです。/good.
Overseas shipping available. If you would like to order the book please contact us directly by email or via online inquiry form.
我們提供海外郵寄服務。若您欲購書請直接來信或填寫線上表單