ディアギレフのバレエ・リュス展 舞台美術の革命とパリの前衛芸術家たち DIAGHILEV'S BALLETS RUSSES 1909-1929

  • Overseas shipping available. If you would like to order the book please contact us directly by email or via online inquiry form.
  • 我們提供海外郵寄服務。若您欲購書請直接來信或填寫線上表單
  • > HOW TO ORDER
DIAGHILEV'S BALLETS RUSSES 1909-1929 Art, Dance and Music
1998年にセゾン美術館と滋賀県立近代美術館で開催された展覧会のカタログ。セルゲイ・ディアギレフ(Sergei Diaghilev 1872-1929)が創設したロシア・バレエ団「バレエ・リュス」に関する展覧会。


目次
バレエ・リュスを知るために 一條彰子
ディアギレフと現代 三浦雅士
ディアギレフの形成 薄井憲二
ニジンスキー 男性ダンサー時代の幕開け 鈴木晶
カタログ
1. バレエ・リュス第一期 1909-1913
 ベル・エポック末期ー東方スラヴからの旋風
2. バレエ・リュス第二期 1914-1921
 大戦と革命ーモダニズムとの結合
3. バレエ・リュス第三期 1921-1929
 喧噪の20年代ーアヴァンギャルドの実験
4. バレエ・リュスのライヴァルと継承者
 人物スケッチ、版画、公演プログラム、資料
『パラード』とコクトー 『ポトマック』の視点から 笠井裕之
バレエ・リュスの時代 パリの観客と社交界 海野弘
バレエ・リュスとパリ・モード 深井晃子
ディアギレフは生きている 船山隆
バレエ・リュスの逆説 そのロシア的な根とコスモポリタン性 沼野充義
前衛のディアギレフ 尼ヶ崎彬
時代を駆け抜けたバレエ団 ロルフ・ド・マレのバレエ・スエドワ 芳賀直子
バレエ・リュス セルジュ・ド・ディアギレフが興行した公演作品(1909-29)におけるダンサーおよび振付をめぐって アンヌ・ベルトラン
ディアギレフのバレエ・リュスの余白に 山口昌男
19世紀のバレエから20世紀のバレエへの架け橋としてのバレエ・リュスに関する若干の見解と、フォーキンについて 松澤慶信
ニジンスキーを観た日本人たち 沼辺信一
バレエ・リュスの地下水脈 ロシア象徴派、アール・ヌーヴォー、神秘主義、そしてアール・デコ 新見隆
バレエ・リュスをとりまく人々 青木里保子編
バレエ・リュス年表 芳賀直子編
主要参考文献 芳賀直子編

編集:セゾン美術館 一條彰子
デザイン:川畑直道、梯耕治

出版社 publisher:セゾン美術館/Sezon Museum of Art
刊行年 year:1998
ページ数 pages:371
サイズ size:H260×W190mm
フォーマット format:ソフトカバー/softcover
言語 language:和文/Japanese
付属品 attachment:カバー/dust jacket.
状態 condition:カバー少傷み、ヤケ。/slightly damaged on the dust jacket.