男と女の間には写真機がある 荒木経惟 Araki Nobuyoshi

  • Overseas shipping available. If you would like to order the book please contact us directly by email or via online inquiry form.
  • 我們提供海外郵寄服務。若您欲購書請直接來信或填寫線上表單
  • > HOW TO ORDER
昭和53年(1978年)に白夜書房より発行された「男と女の間には写真機がある」の新装版。

目次
母の死
写真とは借景なのである
写真実話
愛ひとすじ
私現実
女優たち
CAMERAとCARIMARAの仁義なき闘い 竹永茂生
父の愛人
妊婦緊縛・香田憲三 インタビュアー 野島短太郎
あっぱれヌード 池田福男
キッチンラーメン展
対談1 接触写真家との接触 五木寛之 VS 荒木経惟
4グラムの青い砂
男と女の間には写真機がある
記憶の、コカコーラ
廃墟に花
繊細な神経と優しい眼と 吉増剛造
沖縄での感傷
写真機は性具なのである
ストリップショーは写真論である
対談2 百年前から変わらない撮る気持、脱ぐ気持 浅草駒太夫 VS 荒木経惟
必見!「七年目の本気」
わが愛、陽子
対談3 妻というのは処女膜である 小松方正 VS 荒木陽子
もしガンになったら
短編小説 過去の風景
想い出のWORKSHOP & EXHIBITION 東京を行く

装幀:鈴木成一
レイアウト:末井昭

出版社 publisher:太田出版
刊行年 year:1991
ページ数 pages:275
サイズ size:H210×W148mm
フォーマット format:ソフトカバー/softcover
言語 language:和文/Japanese
付属品 attachment:カバー/dust jacket
状態 condition:カバー背少ヤケ。/slightly sunburned on the spine of the dust jacket.