甦る相米慎二 木村建哉・中村秀之・藤井仁子 A Film Director in the Japanese Post-Studio Era SHINJI SOMAI

  • Overseas shipping available. If you would like to order the book please contact us directly by email or via online inquiry form.
  • 我們提供海外郵寄服務。若您欲購書請直接來信或填寫線上表單
  • > HOW TO ORDER
映画監督・相米慎二(1948-2001)。80-90年代の日本映画界を疾走し多くの観客に深甚な感化を与えながら、21世紀のとば口で逝った相米を、いまここに甦らせる。『セーラー服と機関銃』『ションベン・ライダー』『台風クラブ』『お引越し』ほか13作にわたる相米映画の原点、軌跡、そして未来 そのすべてを収める決定版・相米慎二論。(帯文より)

目次
相米慎二と<世界>との和解のために 序に代えて
1 相米慎二と映画
 あるかなきか 相米慎二の問い
 「過程」を生きる身体 相米映画の子どもたち
 映画の虚構性を問う 相米映画の撮影と編集
 孤児の映画、親子の映画 相米慎二における性と生のドラマツルギー
 生命の切れ端 相米映画における下半身の想像力
 春へ 相米慎二の四季
2 相米慎二の現場
 あいつの見えない船に乗って
 「できますかね」が伝染する
 画に力があるから音が遊べる
 『あ、春』の照明の呼吸
 映画は「相米以前」と「相米以後」に分かれる
3 相米慎二の時代
 女優の出立 薬師丸ひろ子一九七八-八三
 二つの『雪の断章』 映画と少女文化の接触地帯
 東京下界いらっしゃいませ <一九九〇>偶景
 純粋に映画的であろうとした人
再録 相米慎二の言葉
 自作にみる現代映画論 『翔んだカップル』から『東京上空いらっしゃいませ』まで
資料 相米慎二の仕事
 終わりのない宿題 本書の「船出」に際して
 「映画の暗闇」をとり戻すために 跋に代えて
索引一編者・寄稿者略歴一英文目次

編者=木村建哉、中村秀之、藤井仁子
編集=中村大吾(editions azert)
装幀=間村俊一

出版社 publisher:インスクリプト
刊行年 year:2011
ページ数 pages:442
サイズ size:B6
フォーマット format:ハードカバー/hardcover
言語 language:和文/Japanese
付属品 attachment:カバー、帯/dust jacket, wraparound band
状態 condition:特に問題なく良好です。/very good.