日活アクションの華麗な世界 合本版 渡辺武信 Takenobu Watanabe

  • Overseas shipping available. If you would like to order the book please contact us directly by email or via online inquiry form.
  • 我們提供海外郵寄服務。若您欲購書請直接來信或填寫線上表單
  • > HOW TO ORDER
目次
序論 日活アクションとは何であったか
第一章 日活アクション前史
第二章 ヒーロー像の定着 興隆期の様相
第三章 影の喪失 全盛期における裕次郎のアクション映画
第四章 言語のユートピア 裕次郎の青春ドラマの意味
第五章 渡り鳥のはばたき 全盛期における小林旭
第六章 "第三の男"・その閃光の人生 全盛期における赤木圭一郎
第七章 "小僧アクション"の登場 和田浩治の短い活躍期
第八章 適役からヒーローへ 全盛期後半を支えた宍戸錠
第九章 "ダンプガイ"のショート・リリーフ 全盛期における二谷英明
第十章 爛熟期への架橋 メロドラマからムード・アクションへの成熟
第十一章 青春との訣別 爛熟期における裕次郎像の概観
第十二章 記憶の罠 ムード・アクションの哀愁
第十三章 無国籍性の持続 爛熟期における小林旭
第十四章 "ろくでなし"どもの活躍 爛熟期の錠のコメディ・アクション
第十五章 暴力と感傷の融合 宍戸錠、ハードボイルドの深みへ
第十六章 個と侠の相克 裕次郎、旭、錠の任侠アクション
第十七章 日活任侠道の主柱 全盛期、爛熟期の高橋英樹
第十八章 不死鳥から流れ星へ 爛熟期における渡哲也
第十九章 ニュー・アクションの時代へ 再興期の展望
第二十章 薄れゆく"タフ・ガイ"の影 再興期における裕次郎の位置
第二十一章 任侠道の闇深く 再興期における高橋英樹
第二十二章 掟から自由な侠客たち 裕次郎・旭の任侠アクション
第二十三章 無国籍アクションの余韻 前期のイメージの継続としての旭、錠、哲也
第二十四章 一匹狼の死闘劇 ニュー・アクション・第一の系譜
第二十五章 群狼たちの抗争劇 ニュー・アクション・第二の系譜
第二十六章 集団抗争劇から死亡遊戯劇へ ニュー・アクション・第三の系譜の成立過程
第二十七章 落日に木霊する野良猫ロック 死亡遊戯劇の完成
第二十八章 ヒーローは何処へ 日活アクションの終焉
おぼえがき
あとがき
合本版あとがき
索引(人名・作品名)

出版社 publisher:未来社/Miraisha
刊行年 year:2005 合本第二刷
ページ数 pages:697
サイズ size:H210×W150mm
フォーマット format:ソフトカバー/softcover
言語 language:和文/Japanese
付属品 attachment:カバー/dust jacket
状態 condition:良好です。/very good.