さくら・桜・サクラ120 東松照明 作品集 SAKURA120 Shomei Tomatsu

  • Overseas shipping available. If you would like to order the book please contact us directly by email or via online inquiry form.
  • 我們提供海外郵寄服務。若您欲購書請直接來信或填寫線上表單
  • > HOW TO ORDER
日本を代表する花、「桜」。昔も今もそれは変わらない。しかし写真家・東松照明(1930-2012)に言わせると、彼が幼少の頃には、桜は軍国日本の国粋主義とドッキングして、甘い死の薫りを漂わせていたという。こうした歴史的背景を抜きにして、「なぜ桜なのか」を自問し、日本全国の桜をおよそ10年かけて撮影したのがこの写真集。バブル景気真っ只中ということもあり、函つき、上製本、そして豪華執筆陣たちのテキストなど、当時の定価(16,000円)からも時代を感じる。

目次
まえがき 東松照明
作品
幻視された桜 伊藤俊治
バナナの目で見るサクラ 石岡瑛子
東松の桜よ、永遠なれ 大島渚
こちらを問う、お力 岡部伊都子
さくら 辻井喬
神話的風景の世界へ 山口昌男
作品リスト
あとがき

監修:伊藤俊治
コーディネーター:畑祥雄
造本:鈴木一誌+大竹左紀斗+杉本和秀
印刷・製本:写真化学

出版社 publisher:ブレーンセンター/BRAIN CENTER
刊行年 year:1990 First edition, First printing
ページ数 pages:142
サイズ size:H290×W290mm
フォーマット format:ハードカバー/hardcover
言語 language:和文/英文-Japanese/English
付属品 attachment:函/slip case
状態 condition:函少キズあり。/slightly damaged on the slip case.