切手と印刷 財団法人印刷庁朝陽会 STAMP and PRINTING

目次
序 印刷庁長官 伊地知辰夫
序 滝野川工場長 石川聴
はしがき
序説
第一章 切手と印刷
 一 印刷の歴史
  1. 紙の発明以前
  2. 紙の発明
  3. 木版印刷の誕生
  4. 活版印刷術の発明
 二 日本の切手印刷
  1. 手彫腐蝕法から電胎版へ
  2. 直刻式と「透し」入れ
  3. 震災切手とゲーベル機
  4. グラビア版の使用
  5. けんらんたる最盛期
  6. 印刷局の罹災と復興
第二章 紙とインキ
 一 用紙の抄造と加工
  1. 製紙の一般工程
  2. 切手用紙としての加工
 二 糊引きと断裁加工
  1. 裏糊と糊引機
  2. 印刷前の断裁
 三 印刷用インキ
  1. 成分と製法
  2. 種類と特性
第三章 凸版切手の製版と印刷
 一 製版の工程
  1. 凸版切手の版式
  2. 原図から彫刻
  3. クラッチ製版
  4. 電胎版の作製
  5. 版の組み方
 二 停止円筒印刷機
  1. 凸版の印刷機
  2. 構造と印刷方式
 三 ゲーベル凸版輪転印刷機
  1. 特質と性能
  2. 印刷準備
  3. 印刷工程
第四章 凹版切手の製版と印刷
 一 凹版の歴史と特性
 二 製版の工程
  1. 原版の彫刻
  2. 実用版への複製
  3. 凹版速刷機
  4. 凹版輪転印刷機
第五章 グラビア切手の製版と印刷
 一 グラビアとその切手
 二 製版の工程
  1. 原図の特性
  2. 工程の順序
  3. リソテックスと貼り込み
  4. チッシュとスクリーン
  5. グラビアの腐蝕
  6. 局式凹版
 三 グラビア輪転印刷機
第六章 平版切手の製版とその印刷
 一 平版印刷とその切手
  1. 石版術の発明
  2. 平版の原理
  3. 平版と切手
 二 製版の工程
  1. 彫刻法
  2. 写真法
 三 オフセット印刷機
第七章 穿孔と仕上
 1. 穿孔とルーレット
 2. ゲーベル機の穿孔装置
 3. 櫛型穿孔機
 4. ロータリー穿孔機
 5. 仕上工程
附表 郵便切手が出来るまで

出版社 publisher:印刷庁朝陽会
刊行年 year:1949
ページ数 pages:156
サイズ size:H185×W127mm
フォーマット format:ソフトカバー/softcover
言語 language:和文/Japanese
付属品 attachment:別紙お詫び状
状態 condition:経年並みです。/good.
JPY 5,500
Overseas shipping available. If you would like to order the book please contact us directly by email or via online inquiry form.
我們提供海外郵寄服務。若您欲購書請直接來信或填寫線上表單