VOICES OF PHOTOGRAPHY 撮影之聲 ISSUE 27 歴史與書寫専題 HISTORIES AND WRITINGS ISSUE

台湾発の写真雑誌『VOICES OF PHOTOGRAPHY 撮影之聲』の第27号。これまで同誌では、刊行以来イメージに関する執筆、歴史、文化的形態に焦点を当ててきた。2019年には台湾の空總台灣當代文化實驗場(Taiwan Contemporary Culture Lab)で写真の歴史に関するワークショップと戦後の東アジアの写真の歴史に関するフォーラムを開催している。本号はこの時に発表された各専門からの公演の内容を再びまとめ収録している。日本からは金子隆一が1970年代の自主ギャラリーについて言及し、戸田昌子が1950年代の日本の「主観主義写真」の時代を分析している。また連載の写真集製作の現場シリーズではグラフィックデザイナー、森大志郎に写真集製作についての話を伺う。

出版社 publisher:影言社
刊行年 year:2020
ページ数 pages:119
サイズ size:H255×W190mm
フォーマット format:ソフトカバー/softcover
言語 language:中文(繁体字)/部分的に英文-Chinese/English in some parts.
付属品 attachment:
状態 condition:新品です。/new.
JPY 3,300
Overseas shipping available. If you would like to order the book please contact us directly by email or via online inquiry form.
我們提供海外郵寄服務。若您欲購書請直接來信或填寫線上表單