寺山修司 現代詩手帖 1983年11月臨時増刊

  • Overseas shipping available. If you would like to order the book please contact us directly by email or via online inquiry form.
  • 我們提供海外郵寄服務。若您欲購書請直接來信或填寫線上表單
  • > HOW TO ORDER
目次
書見機 寺山修司
墓場まで何マイル? 寺山修司
寺山修司の宇宙 山口昌男/鈴木忠志/三浦雅士
死はフィクションになりうるか 谷川俊太郎/庭瀬康二/九條今日子
言葉使いの劇場 山田太一/伊丹十三
抒情と認識 市川浩/三浦雅士
テラヤマ・ビジュアルの秘密 萩原朔美/榎本了壱
(寺山修司)周辺アルバム 1983年5月4日以降 榎本了壱/荒木経惟/岸田理生
あらゆる動きは止まりかたの一変形にすぎない リチャード・ブローティガン
望郷 福島泰樹
世界演劇のなかでの寺山修司 利光哲夫
寺山修司と観客 河村錠一郎
胞詩訛伝 堂本正樹
大いなる虚の演劇 扇田昭彦
言葉の狩人として 東由多加
天井桟敷のスタッフワーク 岸田理生
寺山修司を忘れないために 梅本洋一
さむき視野 中井英夫
寺山修司における<私性>の発生と変貌 岡井隆
歌形と異郷 黒田喜夫
本歌殺しの軌跡 松田修
寺山修司の初期作品 篠弘
一人であることの抒情 松浦寿輝
修司、十代の句を読んでみる 清水哲男
劇的思想における影 長谷川龍生
言語宇宙への飛翔 篠田正浩
寺山修司 反映画史 かわなかのぶひろ
制度・脱構築・再構築 松本俊夫
言葉の海へ出たものは 粟津潔
寺山修司と賭博を語る 柳瀬尚紀
半世界の思想 宇波彰
「寂しい子供」の行く方 川本三郎
超テラヤマの世界 村松友視
カンちゃんが文章書く人だとは知らなかったと若松孝二が言った 三上寛
自在な応答 磯崎新
ポーランドを通じて 工藤幸雄
回想のカプリッチョ 諸井誠
歌人寺山修司は残るか 佐佐木幸綱
寺山修司の影の下に 天沢退二郎
寺山修司の「想い出」という箱
中断されてしまった問い 羽仁進
寺山修司の親和力 東陽一
のびに沿って田園に死す 吉増剛造
ふたりの修ちゃ 鎌田慧
観念の曼陀羅 山野浩一
モロイソハマにて 篠山紀信
レンズで何を燃やすか 森山大道
『トマトケチャップ皇帝』の誕生 沢渡朔
「VOU」クラブ員の頃 諏訪優
「いったいあなたは誰ですか」萩元晴彦
観念の仮面をかぶった祭りとして 佐藤忠男
寺山修司の走り方 長部日出雄
この後も遠くなく 馬場あき子
短歌論争のころ 嶋岡晨
るぅんるぅんで過劇写だったりして 荒木経惟
Who's Knocking on My Door 浅川マキ
寺山さんのこと 林静一
寺山理論の自己完結 高取英
孤独な演劇家 浜田剛爾
高校時代 京武久美
寺山さんに語る「夢」 大島加津子
どこまでも馬鹿な息子 森忠明
年表 寺山修司 1935~1983

表紙・目次・アルバム・レイアウト=榎本了壱


出版社:思潮社
刊行年:1983年
ページ数:312ページ
サイズ:A5
フォーマット:ソフトカバー
言語:和文
付属品:
状態:表紙少傷み。