deja-vu bis No.10 写真と批評 デジャ=ヴュ・ビス 1997年第10号

  • 2,100円(税込)

  • Overseas shipping available. If you would like to order the book please contact us directly by email or via online inquiry form.
  • 我們提供海外郵寄服務。若您欲購書請直接來信或填寫線上表單
  • > HOW TO ORDER
写真評論家の飯沢耕太郎を編集長としてスタートした写真季刊雑誌"デジャ=ヴュ"。20号までは通常の雑誌形式での発行だったがその後は規模を縮小し、デジャ=ヴュ・ビスとして刊行される。

目次
死者に再会する写真と記憶の旅
亡き妻のポートレイトを集大成した古屋誠一氏に聞く

伊藤俊治 古屋誠一論
速報 ウィーン 荒木経惟展
台湾写真ノート9 中国現代写真の夜明け 呉嘉寳
操上和美 肉体の欲望を撮る
篠山紀信 写真は戦場だ
A・スティーグリッツと近代の視覚表象
金村修と「写真の町」
好評連載 荒木経惟 写真小説「春雪」
HIROMIXを読む
写真は社会のモラルにどこまで従うべきか?
東京国際写真ビエンナーレ1997で展示されなかった入選作品
待望の日本写真通史
『日本の写真家」刊行開始!編集委員の長野重一氏に聞く
しまおまほ「天才写真家星人アラキング」

編集主幹:八角聡仁
デザイン:川畑直道
編集:澤田陽子、石塚雅人、小川真由、押元美佐

出版社 publisher:フォトプラネット/photoplanet
刊行年 year:1997
ページ数 pages:16
サイズ size:H420×W298mm
フォーマット format:無綴じタブロイド。
言語 language:和文/Japanese
付属品 attachment:表紙
状態 condition:経年並みです。/good