ソシュール講義録注解 フェルディナン・ド・ソシュール 前田英樹 訳・注

  • Overseas shipping available. If you would like to order the book please contact us directly by email or via online inquiry form.
  • 我們提供海外郵寄服務。若您欲購書請直接來信或填寫線上表單
  • > HOW TO ORDER
叢書・ウニベルシタス 345
ソシュールの<一般言語学>を最も網羅的に語る好個の講義録を肉筆ノートの綿密な点検によって訳出し、同時にこのテクストが溢れさせる<反・言語学>への問いを詳細な注解のうちに捉え込み・反響させる。ソシュール言語学を入門から極限の問いへと鮮明に導く。

目次
まえがき
十一月X日 [言語事象の二重性]
十一月十二日 [記号学としての言語学]
十一月十六日 [記号学の射程]
十一月二十三日 [記号価値]
十一月二十六日 [言語単位とは何か]
十一月三十日 [単位の発生について]
十二月三日 [言語学の区分]
十二月七日 [内的ということ]
十二月十日 [共時的、通時的、汎時的]
十二月十四日 [現象と関係は異なること]
十二月十七日 [現象は単位である]
十二月二十一日 [法則という言葉、共時的とは何か]
一月十一日 [連辞と連合 一]
一月十四日 [連辞と連合 二]
一月十八日 [つまり、共時的とは......]
一月二十一日 [音の変化、文法の変化]
あとがき
事項索引

出版社 publisher:法政大学出版局
刊行年 year:1991
ページ数 pages:189
サイズ size:B6
フォーマット format:ハードカバー/hardcover
言語 language:和文/Japanese
付属品 attachment:カバー、帯
状態 condition:経年並みです。