TSUGARU Reprinted Edition by ICHIRO KOJIMA & YOJIRO ISHIZAKA
津軽 復刻版 詩・文・写真集 小島一郎 石坂洋次郎

JP / EN
本州最北端の青森県出身の写真家・小島一郎(1924-1964)は昭和30年代の約10年間、写真を撮り続け、39歳という若さでこの世を去った。残された写真の多くは、故郷・青森をテーマにしており、彼が生前に発表した写真集は1963年に新潮社から出版された『津軽』のみ、この本は小島一郎を語る上では外す事の出来ない代表作として世に知られている。しかし彼の死後は、その訃報が突然だったこともあり、10年以上は写真界から忘れられた存在だったという。再評価の機運が高まった1970年代に、写真家・大島洋が小島に関するエッセイを発表し、80年代には雑誌「PHOTO JAPON」で特集が組まれ、1998年には故郷青森で初の回顧展開催、2004年のヒステリックグラマーから出版された写真集「hysteric Eleven 小島一郎』、そして2009年の青森県立美術館での個展を経て、彼が生涯をかけて残した仕事は、現代の感性と上手くマッチしたのである。
本書『津軽』は上記の新潮社版を基に制作された復刻版。写真は小島一郎。文章、詩を担当したのは同郷の小説家・石坂洋次郎(1900-1986)と方言詩人・高木恭造(1903-1987)。函にあしらわれたイラストは版画家・関野準一郎(1914-1988)の手によるもの。函も単なる糊付けだけではなく、地にホチキス留めを採用、本体もフランス装、構成、ともに当時のオリジナルを忠実に再現。さらに50年前のグラビア印刷の風合いを現在の印刷技術でほぼ近い表現に仕上げている。

写真:小島一郎
文:石坂洋次郎
方言詩:高木恭造
編集担当:森陽子
印刷・製本所:凸版印刷
プリンティングディレクター:金子雅一
限定1000部ナンバー入り:Limited Edition of 1,000 copies with numbering

出版社 publisher:IZU PHOTO MUSEUM
刊行年 year:2014
ページ数 pages:81
サイズ size:H288×W213mm
フォーマット format:ソフトカバー/softcover
言語 language:和文/英文-Japanese/English
付属品 attachment:函、別紙英文テキスト/slip case, attached sheet in English
状態 condition:経年並みです。/good.
JPY 11,000
Overseas shipping available. If you would like to order the book please contact us directly by email or via online inquiry form.
我們提供海外郵寄服務。若您欲購書請直接來信或填寫線上表單