OKINAWA 沖縄 OKINAWA 東松照明 写真集 Okinawa Okinawa Okinawa SHOMEI TOMATSU

  • Overseas shipping available. If you would like to order the book please contact us directly by email or via online inquiry form.
  • 我們提供海外郵寄服務。若您欲購書請直接來信或填寫線上表單
  • > HOW TO ORDER
東松照明(1930-2012)が初めて沖縄を訪れたのは本土復帰に沸く1969年、基地の取材撮影のためだった。その後1972年、彼は沖縄に住民票を移し、二年近くを過ごしながら撮影を続けた。「沖縄に基地があるのではなく基地の中に沖縄がある」当時の沖縄を一言で表現したような大変印象的なフレーズが表紙に付されたこの写真集は、東松が沖縄滞在の初年度に発表したもので、戦後日本の社会的現実を、"被占領"と"アメリカニゼーション"の二つの視点で捉えようと試み、占領シリーズの最後の地としての沖縄に、たしかな座標を刻み込んだ意欲作だといえる。その後の沖縄以南の島々を渡り歩きながら、東南アジア全体の精神圏からの視座を持つ『太陽の鉛筆』へと続くその序章に位置する一冊かも。ちなみに沖縄出身の写真家・比嘉康雄(1938-2000)は卒業論文のテーマにするほど東松照明に傾倒し、本書を手垢がつくまで見ていたという。

出版社 publisher:写研/Shaken
刊行年 year:1969
ページ数 pages:
サイズ size:H210×W260mm
フォーマット format:ソフトカバー/softcover
言語 language:和文/Japanese
付属品 attachment:
状態 condition:表紙少ヤケ、傷み。/slightly damaged on the cover.