The end of the plain plane: BRANIFF AIRLINE EXPO VISUAL BOOK
ブラニフ航空展 ヴィジュアル・ブック

JP / EN
2004年に渋谷のパルコミュージアムで開催された展覧会のためのカタログ。1960年代後半から、アート、ファッション、デザインの分野を積極的に社内に取り入れ異彩を放ったアメリカの航空会社「ブラニフ航空」の展覧会。イタリアのファッションデザイナー、エミリオ・プッチ(Emilio Pucci)に従業員のユニフォームを依頼したり、社名ロゴからシートの張り生地、アメニティから事務用のステーショナリーまでを当時ハーマン・ミラー社のテキスタイル部長を務めていたアレキサンダー・ジラルド(Alexander Girard)に手がけさせたり、イームズ夫妻(Charles and Ray Eames)、ジョージ・ネルソン(George Nelson)、アレクサンダー・カルダー(Alexander Calder)など錚々たる人物が同航空会社のイメージ戦略に関わっていたことでも知られている。本書では当時の印刷物全般を収録。編集、アートディレクションは稀代のアーキビスト柳本浩市が担当している。

編集:Glyph.
テキスト:柳本浩市
アートディレクション&デザイン:柳本浩市
印刷:奥村印刷

出版社 publisher:グリフ/Glyph.
刊行年 year:2004
ページ数 pages:60
サイズ size:H210×W210mm
フォーマット format:中綴じ/saddle stitch
言語 language:和文/Japanese
付属品 attachment:
状態 condition:経年並みです。/good.
JPY 11,000
Overseas shipping available. If you would like to order the book please contact us directly by email or via online inquiry form.
我們提供海外郵寄服務。若您欲購書請直接來信或填寫線上表單