10th Tokyo Biennale 1970: Between man and matter
第10回日本国際美術展 人間と物質 1970年

JP / EN
1970年に開催された第10回日本国際美術展(通称「東京ビエンナーレ」) "人間と物質"の展覧会カタログ。東京都美術館を皮切りに京都市美術館、愛知県美術館、福岡市文化会館を巡回した。1968年に開催されたヴェネツィア・ビエンナーレの際の学生運動による混乱の影響から開催を一年延期し、さらに国別参加制と受賞制度の廃止など大幅な改革を行ったとされている。展覧会の企画構成は美術評論家・中原佑介が担当。本書のカタログは展覧会を起点に「事前」のものと「事後」のものの2冊が制作されたそうだが、こちらは「事前」の一冊となる。それぞれ参加作家に3ページずつ紙面が割り当てられ、第3ページにはそれぞれの作家に自由にレイアウトをしてもらうなど実験的な試みが行われている。作家の選定はアルテ・ポーヴェラ、もの派、コンセプチュアリズム、ミニマリズムなど当時最先端のアーティストら40人が国内外から招集された。日本国内で最初にキュレーションが行われた大規模国際展と認識されているため、後年高く評価されている展覧会。表紙デザインは当時プロヴォークに関わっていた中平卓馬が手がけていることも大変興味深い。

招致作家
Dietrich Albrecht
Carl Andre
Boezem
Daniel Buren
Christo
Jan Dibbets
Ger Van Elk
榎倉康二
Luciano Fabro
Barry Flanagan
Hans Haacke
堀川紀夫
狗巻賢二
Stehen J. Kaltenbach
河口龍夫
河原温
小池一誠
Stanislav Kolibal
小清水漸
Jannis Kounellis
Edward Krasinski
Sol Lewitt
Roelof Louw
松沢宥(松澤宥)
Mario Merz
成田克彦
Bruce Nauman
野村仁
Panamarenko
Giuseppe Penone
Markus Raetz
Klaus Rinke
Reiner Ruthenbeck
Jean-Frederic Schnyder
Richard Serra
庄司達
高松次郎
田中信太郎
Gilberto Zorio

編集:中原佑介、峯村敏明
表紙デザイン:中平卓馬
制作:美術出版デザインセンター
印刷:凸版印刷

出版社 publisher:毎日新聞社/日本国際美術振興会-the mainichi newspapers, japan international art promotion association.
刊行年 year:1970
ページ数 pages:
サイズ size:H235×W252mm
フォーマット format:ソフトカバー/softcover
言語 language : 和文/英文-Japanese/English
付属品 attachment:
状態 condition:表紙少傷み。/slightly damaged on the cover.
JPY 110,000
Overseas shipping available. If you would like to order the book please contact us directly by email or via online inquiry form.
我們提供海外郵寄服務。若您欲購書請直接來信或填寫線上表單