無人島 1953-1968 ジル・ドゥルーズ Gilles Deleuze

  • Overseas shipping available. If you would like to order the book please contact us directly by email or via online inquiry form.
  • 我們提供海外郵寄服務。若您欲購書請直接來信或填寫線上表單
  • > HOW TO ORDER
単行本未収録の論考・対談・インタヴューを編んだドゥルーズ思考集成。(帯文より)

目次
はじめに ダヴィッド・ラプジャード
無人島の原因と理由
ジャン・イポリット『論理と実存』
本能と制度
ベルクソン、1859-1941
ベルクソンにおける差異の概念
カフカ、セリーヌ、ポンジュの先駆者、ジャン=ジャック・ルソー
カントの美学のおける発生の観念
レーモン・ルーセル、あるいは真空嫌悪
パタフィジックを創造することでジャリは現象学への道を開いた
「彼は私の師だった」
セリー・ノワールの哲学
ジルベール・シモンドン 個体とその物理-生物的な発生
人間、ひとつの疑わしき存在
ドラマ化の方法
力能の意志と永遠回帰についての諸帰結
ニーチェの哄笑
神秘家とマゾヒスト
ニーチェと思考のイマージュについて
ジル・ドゥルーズ、哲学について語る
あとがき

訳者=宇野邦一、江川隆男、加賀野井秀一、財津理、鈴木創士、鈴木雅雄、前田英樹、松葉祥一、三脇康生、安島真一
監修=前田英樹
装幀=戸田ツトム

出版社 publisher:河出書房新社
刊行年 year:2003
ページ数 pages:309
サイズ size:B6
フォーマット format:ハードカバー/hardcover
言語 language:和文/Japanese
付属品 attachment:カバー、帯
状態 condition:帯少汚れ。