北米インディアン悲詩 エドワード・カーティス 写真集 The North American Indians EDWARD S. CURTIS

  • 8,400円(税込)

  • Overseas shipping available. If you would like to order the book please contact us directly by email or via online inquiry form.
  • 我們提供海外郵寄服務。若您欲購書請直接來信或填寫線上表單
  • > HOW TO ORDER
19世紀末、北米西部では白人によるインディアン同化政策が急速に進められていた。シアトルで肖像写真家として成功していたエドワード・カーティス(1868-1952)は、1900年、32歳の時に平原インディアンのサン・ダンス集会に招かれたことをきっかけにこの失われてゆく文化の記録者になろうと決意する。彼が写真家として心血を注いだミシシッピ河以西の全部族の写真と記述による民族誌『北米インディアン(The North American Indian)』全20巻は、1900年から30年の歳月をかけて完成した。セオドア・ルーズベルト(Theodore Roosevelt 1858-1919)、J.P.モルガン(1837-1913)の援助を受け、揃いで3000ドルという超豪華本として限定272セットが出版され、カーティスの名は一躍高まったが、多くは秘蔵本としてその後書庫の奥深く眠り、彼の作品はしだいに忘れられていった。1960年代後半、インディアン文化が見直されるとともに、カーティスの写真は全米で再び流行を巻き起こし、歴史的価値はもとより、その芸術性が高く評価されるようになった一方で、「滅びゆく民」という撮影テーマをめぐり様々な議論が交わされた。本書は『北米インディアン』の別冊ポートフォリオより、彼の代表作105点を選び、全体として20巻の構成を追う形で文化圏ごとに配列する方法をとっている。またインディアンの口承文学から写真に合わせて約20篇の詩と説話も収録。巻末には評伝と解説、別冊として作品をめぐる座談会その他の関係資料も付け加えている。

訳:金関寿夫、横須賀孝弘
監修:富田虎男
解説:中上健次
責任編集:青木玲
装丁・レイアウト:高橋秀樹

出版社 publisher:アボック社出版局/Aboc
刊行年 year:1984
ページ数 pages:175
サイズ size:H338×W270mm
フォーマット format:ハードカバー/hardcover
言語 language:和文/Japanese
付属品 attachment:函、カバー、付録/slip case, dust jacket, supplement.
状態 condition:経年並みです。/good.