原爆爆心地 志水清 編

  • 3,150円(税込)

  • Overseas shipping available. If you would like to order the book please contact us directly by email or via online inquiry form.
  • 我們提供海外郵寄服務。若您欲購書請直接來信或填寫線上表單
  • > HOW TO ORDER
被爆者・市民の全面的協力により広島大学原爆放射能医学研究所とNHK広島中央放送局が共同調査した『広島市原爆爆心地復元市街図』を初めて公開。

目次
第一部 残された都市
プロローグ
広島
 一 爆撃禁止令の出ていた広島
 二 戦時下の広島
第二部 炎の中から 失なわれたものと残されたもの
炎の中から
 一 その朝の爆心地
 二 その日
 三 夜を徹して
 四 夜が明けて 八月七日
残された傷跡
 一 断絶
 二 残された身体の傷
第三部 広島の空白から広島の復元へ 鎮魂から平和原点への道のり
広島の空白
 一 爆心の空白
 二 爆心調査の系譜
 三 市民の胎動
 四 ノー・モア・ヒロシマ
 五 広島の風化と模索
爆心復元の論理と構想
 一 爆心復元の論理
 二 追跡調査の構想
 三 爆心復元の意味するもの
被爆地図復元運動
 一 被爆地図復元運動を支えるもの
 二 被爆地図復元調査のもたらすもの
 三 爆心復元の課題
エピローグ
参考文献
あとがき

出版社 publisher:日本放送出版協会
刊行年 year:1969
ページ数 pages:282
サイズ size:H215×W151mm
フォーマット format:ソフトカバー/softcover
言語 language:和文/Japanese
付属品 attachment:函、帯、カバー、市街図
状態 condition:函、帯ヤケ、傷み。