京都吉兆 徳岡邦夫 KITCHO Kunio Tokuoka

  • Overseas shipping available. If you would like to order the book please contact us directly by email or via online inquiry form.
  • 我們提供海外郵寄服務。若您欲購書請直接來信或填寫線上表單
  • > HOW TO ORDER
日本料理を芸術の域にまで高めた頂点を極めた吉兆。その伝統をふまえながらも革新に挑む孫の三代目・徳岡邦夫が、「吉兆風」の料理、設え、もてなしをさらに発展させ、斬新で独創的な美の世界を追求する。(帯文より)

目次
序文
はじめに

 琳派にならって
 嵐山吉兆の器
 習わしを料理に生かす
 嵐山の自然
 常識を疑ってみる
 湯木美術館
 筍の話
 ご飯の話
 抹茶と菓子
 邦夫の琳派と日本の美

 京都と鱧
 吉兆の「八寸」
 設えと器で演出する涼
 すっぽん
 京都の行事
 薬味と相性もの
 鮎
 うにと昆布
 蓮
 「見立て」の面白さ
 花に見るお茶心

 日本人と月
 ふかひれ
 重陽の節句
 邦夫の魯山人への思い
 織部焼き
 懐石の「八寸」
 寄せ向
 茸の王様
 九曜星の灯籠

 南天と金柑
 究極のとろにぎり
 吉兆 冬の魚介の華 ずわい蟹、ふぐ、鰤
 夜咄
 吉兆のお正月
 邦夫流の肉料理
 邦夫玉子
 宝楽焼き
 料亭の女将の役割
 ある秋の日の昼食コース
吉兆 もてなしの心
基本の「き」
季節の料理解説
主要参考文献

出版社 publisher:講談社インターナショナル
刊行年 year:2011
ページ数 pages:183
サイズ size:H295×W235mm
フォーマット format:ハードカバー/hardcover
言語 language:和文/Japanese
付属品 attachment:カバー、帯/dust jacket, wraparound band
状態 condition:経年並みです。/good.